• Home
  • » アクセス・お問い合わせ

アクセス・お問い合わせ

生涯学習センターの沿革

桜の聖母短期大学の開放講座のルーツは、今からおよそ350年前に聖マルグリット・ブールジョワがカナダで始めた教育活動にあります。聖マルグリットは、1653年にフランスからカナダ(現在のモントリオール地方)に渡り、女子教育修道会コングレガシオン・ド・ノートルダムの基礎を創った愛と勇気にあふれた女性です。

1932年にはこの修道会から5人のカナダ人修道女が来日し、福島に幼稚園を開設する一方、英語・フランス語・ピアノ・声楽・刺繍・料理など成人市民を対象にした教育活動を開始しました。第二次大戦中は一時中断を余儀なくされましたが、戦後すぐ修道院において、聖書・英会話・フランス語・ピアノ教室を再開しています。

福島県・市教育委員会と共に本学は、1981年に福島県に住む一般 社会人を対象に「福島県成人大学講座」を企画開催し、生涯教育の先駆けとして高い評価を受けました。その後、講座の継続を望む多くの声を受け、本学独自の開放講座を開講するために周到な準備を行い、1985(昭和60)年、桜の聖母短期大学創立30周年を機に第1回公開講座「桜の聖母短期大学教養講座」をスタートさせました。

桜の聖母短期大学は、1990年代を前に将来の方向づけとして生涯教育に大きな力を注ぐことを明らかにし、1992年4月に「生涯学習センター」を設置しました。1995年6月には生涯学習センターの活動拠点となるマリアンホールが完成し、開放講座の昼夜・通 年開講の体制を整えました。2000年4月にはマリグリット館竣工、生涯学習センターの施設機能も拡充しました。こうした取組は2003年9月には平成15年度文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。現在、年間1,800人を超える大勢の受講者がマリアンホールに足を運び、充実した「学びの時間」を楽しんでいます。

アクセス

福島交通「市内循環線(100円バス)

〔市役所前〕より徒歩すぐ

桜の聖母生涯学習センター

〒960-8112 福島県福島市花園町3番6号

TEL:TEL:024-535-2531( 代表)

詳しい駐車場の位置はこちら

 

お問い合わせ

詳しい説明が載っている講座案内パンフレットを無料でご送付いたします。

お問い合わせも以下からお願いいたします。

講座のお申し込みはこちらからどうぞ。

TEL:024-535-2531

FAX:024-534-4571

メールでの資料請求・お問い合わせは以下のフォームからどうぞ

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
郵便番号
住所
(資料請求の方は必須)

メールアドレス (必須)
電話番号
お問い合わせ内容
個人情報の取り扱いにに同意する

このページはお客様の情報を大切に扱うため、SSL暗号化通信を導入しています。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

プライバシーポリシー

桜の聖母学院(以下、「本センター」という)では、個人情報が重要な資産であることを理解し、個人情報を正しく扱うことが本センターの重要な責務であることを認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めることを宣言します。

1.個人情報保護に関する法令や規則の遵守

本センターでは、個人情報の保護に関する法令およびその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

2.個人情報の取得

本センターが個人情報を取得する際には、利用目的を明確にするよう努力し、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

3.個人情報の利用

本センターが取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、教育の遂行上必要な限りにお いて利用します。また、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合には、第三者について個人情報の適正な利用を実現するための監督を行ないます。

4.個人情報の第三者提供

本センターは、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人または保護者の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。

5.個人情報の管理

本センターは、個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報の紛失・改ざん・漏洩などを防止するため、必要かつ 適正な情報セキュリティ対策を実現します。

6.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去

本センターは、本人または保護者が個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などを求める権利を有していることを認識し、個人情報相 談窓口を設置して、これらの要求がある場合には、法令にしたがって、速やかに対応します。

7.組織・体制

本センターでは、教育上使用する個人情報について適正な管理を実現するとともに、個人情報の適正な取り扱いを実現するための体制を構築します。